★サイト名考え中★ byとも 絶対名大合格!

●高校生の時のとものブログ
●カント風。規則 正しく 美しく
●未来の自分への報告書 未来の自分に恥ずかしくないように
●受験生。絶対名大に合格します。
●点滴穿石 どんなに小さな力でも辛抱強く努力すれば、いつかは必ず成功するという例え。
●もう負けたくない。次は絶対合格する。

東大受験生ブログランキング 東大受験生ブログランキング 東大受験生ブログランキング
++++++++++++++++++++++++++++++
■サイトマップ
■オススメ参考書 集
++++++++++++++++++++++++++++++
| カレンダー | オススメ | 新しい記事 | コメント | TRACKBACK | カテゴリー | ARCHIVE | リンク集 | プロフィール | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

拍手する
| - | - | - | スポンサードリンク
紫鳥 第2章 思春期 21:14
思い出すつもりは、さらさら無いのに、

勝手に、勝手に、よみがえるあのころの記憶。

不思議なことも、良い思い出でも、

時には、いやに、あるいは恐ろしく思う経験もある。



あれは、小4の時だっただろうか。

あの事件の影響なのか、水泳に打ち込むようになっていた自分。

でもそんな自分に、嫌気がさしていたのも事実。

ちょうどそんなときだった。





いままでどんな大会でも負け知らずで、

上には上がいるなんて、そんなことも知らなかった

いつの間にか乗りたくもない、狭いバスに乗り、

気がつけば、今の自分を、追い詰めるだけの場所の前に着いた。



心の中のつらさが頂点に達し、気がつけば、

故意ではないが、青いかばんを置き去りにしていた。

そうして建物の中へ入っていこうとした。

そのとき、もみじマークをつけた車一台とまって



「リョーマ、ほれ、忘れもん。かばん変わったの、わすれたか?

せっかく、お前が水泳、がんばってるのを応援しようとおもって買ってやったのに」

そういって、おじいちゃんは私に、今一番手にしたくないものを渡した。

ただでさえ、好きでなかったおじいちゃんが、そのとき余計に嫌いになった自分



そんな私に声をかけたのはやはりアイツだった。

「自分を情けないと思うことは誰にでもある。好きなものまで、捨てたくもなる。

けど、捨てたら、見守ってきてくれた人の心まで、捨てることになるよ。

人の心を踏みにじるようなことは、結局は自分にふりかかってくる。

だから次から、そんなことはやめよう、ね。」



母親から、いつもいわれていたことなのに、

紫鳥から言われると、どうしても素直になる。

素直になったときの自分がすきなのか、おもわず走りだしたことも覚えている。

その勢いで、急いで着替え、そして前の自分に戻ったことも



アイツとともに、二度目の卒業式をむかえた。

中学に入ると、水泳部がなかったため部活に入らず、

いままでどおり、ケントといっしょに水泳にうちこんでいた。

ただ違ったのは、すぐに新しい生活にとけこめたか、できなかったか、ということ。



学校でのプールの授業のこと、当然のことながら、俺たち二人の独壇場。

軽い肩慣らしが終わり、着替え終わった後、

「おい、リョーマ。昼休み、ドッジやろうぜ。」 「おう。」

という会話をしながら、校舎へと戻っていく自分。



急いで弁当を食べた後のこと。何もかも忘れて、ドッジに熱中していると、

もうそろそろ昼休みが終わるので、教室に戻ろうということになった。

教室のドアをガラッと開けると、いつも通りの光景がそこにあった。

ちがうのは、集団の中から外れて、ぽつんと一人でいるケントの姿であった。



彼はもともと、暗い性格では決してない

しかし、社交的というではわけでもない。

本人いわく、新天地では、新しい輪に入れず、気がつけばこうなっていたという。

つまり、うまくいくように導く、いわば紫鳥のような存在が必要だったのだ。



なのに・・・・・・



新しいものを、着々と築いていく反面、

古いものをおろそかにしがちになっていた。

そんなことに、後から気づいた自分

それを忠告してくれたのも、実は、アイツだったのだが・・・・





もうひとつ不思議な出来事が起きた。それはその二日後のことである。

ある日、バスの中でのこと。ふとかばんの中をのぞくと、ゴーグルが見当たらない。

今日こそ、ケントとおもいきり勝負したかった。ゴーグルがないとどうも力が出ない。

必死に探していると、どこからかこんな声がした。



「大丈夫、何も気にせずプールへいきなさい」



それを聞いてまたあいつかと疑った。

まあいい、いつまでもあいつに頼るわけにはいかない、

ゴーグルなしでいこう、とおもいながらバスからおり、

さあ、入ろうとしたときである。プールの入り口からいやな雰囲気を感じたのは・・・



そんなものは無視して前へ進もうとすると、なにかが止める。

ふと後ろを振り帰ると何もない・・ と思ったとき、

止まっていた、なじみのある一台の軽トラ。

「まさか」と思ったときには遅かった。



降りてきた老人を、ハンドル操作を間違え、突っ込んできた乗用車が、

引いていく、まさにその瞬間を・・・・・

その事故現場にはあるものがあった

そう、探していたゴーグルが・・・・・



私にはそのお年寄りが、他人であってほしくって、

忘れ物をもって、知らん顔をしてそのまま建物へ入っていた。

そのときの泳ぎはとても力のある泳ぎだったという。

それは悲しみと罪悪感、そして怒りの表れではないかと、自分でも思う。



そのとき私は、紫鳥とは一生、話さないつもりでいたが、

うつ状態におちいってから、親しみのある精神科の病院に通うようになって、

気が変わり、話すようになってからよくなっていく、その姿を見て、

「受験に間に合った」と両親は安心していた。



まあそのとき、父がアメリカから助っ人をよんでくるのだが、

まさかその精神科医が、後にいろいろ自分に影響を与えるとは・・・・・

とにかく、私もケントも無事中学も卒業し、高校受験も志望校に受かり、

親から離れての生活となった



それでもアイツはパートナーだった、あのときまでは・・・・

拍手する
| 紫鳥 | comments(0) | - | とも
紫鳥 1章 幼少期  後半 07:30
ケントとともに、ほかのともだちに別れをつげ、「バイバイ」と見送っていると、しだいに遠くなる車になぜかからだが、自然とついていこうとした。
「リョーマくん、あぶないよ」とおばさんに言われても聞かず、それどころか、つまずきようもないところでこけてしまった

「だいじょうぶ?」と困り顔のおばさんがかけよってくる、それと同時に遠ざかっていく、一本のクレオン。あまり好きな色ではなかった、ある色のクレオン。
ふたたびなにかに動かされるかのように、それを追っていった。

たかが一本されど一本、そうおもい、わたしが幼いからだで、必死に追いかけているというのに、それをしり目に、なめらかに転がっていく、むらさきのもの。

やがて、わたしの視界から一瞬、消えたのだった。

ふたたび、目にしたときは、川の水面にうかぶ、まわりとは仲間はずれの、クレオンがあった。

わたしはそれを見ているしかない、そうおもいはじめた、けれど、そうはさせてはくれないやつがいた。

そいつは、離れていく、そのクレオンを逃がすなと、言っているような、そんな気がしてならず、流れていくほうへ、おもわず、走っていく自分。
その勢いのあまり、それを追いこしてしまい、急に立ち止まった、そのとき、自然とからだが、浮くような気がして、何かに吸い込まれていく、そんな感じがした。


しばらく、どういうことが起きたのか、気づかずにいたわたし。見たこともない、深くてだだっぴろい、おふろばの中にいた気分だった。
ただしいつもの、たのしいおふろの時間なんかでは、もちろんなく、ただただ、手を動かし、もがいてしずみそうになるだけであった。


そこにアイツが来た。そう、それまで声しかしなかった、アイツが。
フシギだが、あざやかでて何かをしてくれる、そんなオーラのある、紫色をしている。また、声がどこかしゃべり方が、母に似ている、
そんな鳥、紫鳥が。

「じっとしていなさい。あせって、やみくもにもがいてもだめ。わたしがあなたにおよぎかたをおしえてあげる、いいね。」

そんなことをいわれても理解できるわけがないのになぜか、そのあと、きちんとその教えにしたがっていた。

まず、手をあわせてのばし、それからいったん両ひざを曲げて、おもいっきり足でけりながらとじ、閉じたらこんどは、手でかくという、今から思えば、平泳ぎのやりかたを、鳥ながらも、実際にやってみせ、それを見ながら、わたしはゆっくり、ぎこちなくもなんとかおよげた。

川岸、といってもアスファルトのかべだが、そこにつくころには、

真剣な目をした大人がまっていた。

引き上げてもらってから、怒られたのはいうまでもない。

そのあとおじいちゃんの怒鳴り声が近所にひびいていた。
「おまえがちゃんと見ていないからこんなことになったんじゃ。昔から、何かと危ない娘とはおもっていたが、親になってもこういうふうとは、ちっとも成長しとらん。」不思議ではあったが、子供心にでも、おばさんがいい顔していないのはわかった。


そんなことがあっても、わたしのドジさは変わらなかった。
けれど、それ以来大きなけがも無く、時は過ぎて桜の季節。
そのころにはケントといっしょに小学校に通うようになっていた。
そのそばにはかならずアイツがいる。

そのおかげか、勉強を教えてもらったり、時には、テストのカンニングの手伝いもさせたりしたが、けんかの後処理のしかたも教えてもらったりと、
私にとって、アイツはよきパートナーだった。
拍手する
| 紫鳥 | comments(0) | - | とも
紫鳥 1章 幼少期  前半 10:06
アイツは、いつも私のそばにいた、
というより、そういう気がした。

姿がいつも見えるというわけでもなく、
見えるときは決まって、私の右ななめ後ろ。
そのときに限って、名前を呼ぶ。

あの時も、そうだ、あの時も、
はじめて姿を現した、
あのときも

幼稚園に上がったばかりのころのある日、新しくクレオンを買ってもらい、さっそく、ともだちの家に、久しぶりに遊びに行った。
しばらくすると、新品だったクレオンと呼ばなくてはいけない状態にしてしまっていた。

「おばちゃん、もうかえる」

「そう、じゃあ、お母さんに、来てもらおっか・・・

 えっーと・・・ボク、おなまえ,なんだったけ?」

「リョーマ、たにもとリョーマ」

 と無邪気な声でこたえると、

「そうだ、そうだ、サナとこの。
でも、サナも周作さんもこの時間にいることあまりないし、かといってあのおじいさんにきてもらうのも・・・
そうだ、おばちゃんといっしょにかえろっか?」「うん」と元気に答えた。何が起こるとも知らず・・・



拍手する
| 紫鳥 | comments(0) | - | とも
紫鳥 0章 プロローグ 06:07
いつものように、カッ、カッ、と音を鳴らせ、
いつものように、広く、薄赤い空を見上げ、
毎日のように、私に声をかけてくれる
温かい人に出会う、いつもの自分。

開け慣れてきた、門や玄関を通り、
聞き慣れてきた、愛する人の声がし、
なじんだはずの、白い部屋なのに
幻想的、神秘的な空間
にいる。
こういった日々を送るなんていったい、
どうして予想できたであろうか、と、
そう思い、今まで偶然と片付けてきた
そんな自分に疑問を投げかける。

この場所に住むと決めなければ、
こんな生活はできなかったであろう、
それをたまたまと言えるか、と
暇な時、そればかり考えている私。

そのヒントが身近にあるかもと、
おもむろに取り出したアルバムの中に、
久しぶり、と話しかける、ある写真
不思議な、不思議な鳥の、絵の写真

こころの番人
  紫鳥
拍手する
| 紫鳥 | comments(0) | - | とも
紫鳥(しどり)を読む前に 06:04
登場人物

○谷本リョーマ 主人公
○谷本周作 リョーマの父
○谷本サナ リョーマの母
○ケーシィー
○ハリス
○サナ 周作の友人 精神科医
○シンディ
○ウィリアムス リョーマの婚約相手 ケーシィーの遠戚
○マロー
○ウィリアムス シンディの姪登○高宮ケント リョーマの親友

※高宮家は谷本家の右隣りに住んでいる。ケントの母とサナも親友同士
拍手する
| 紫鳥 | comments(0) | - | とも
| 1/1 |